布ごよみ手ぬぐいタオルがツーリングやキャンプ向き

ないと困るけどあると嵩張るアイテム、それはタオルだと私は思います。

温泉入るときにないと地味に困りますよね。必要になるたびに現地調達するのももったいない話です

そこで、私は布ごよみの手ぬぐいタオルを使ってます。

こいつ、思った以上に使える子です。キャンプだけでなく、普通のツーリングにも持っていってます。

今回はそんな手ぬぐいタオルが使える理由を解説していきます。

手ぬぐいタオルが使える理由①めっちゃ吸水するのに乾きが早い

手ぬぐいタオルは普通のタオルよりも隙間が多めにゆるーく編まれています。

そのおかげで水分を含みやすく、通気性もいいので乾くのも超早いです。

普通のスポーツタオルサイズの手ぬぐいタオルで、全身余裕で拭けるくらいには吸水性が良いですし、濡れてしまっても絞りさえすれば吸水性がかなり戻ります。

乾かすときはバイクの荷物にくくりつけて走ってればOKです。気がつくとからからに乾いてます。

手ぬぐいタオルが使える理由②ぺらぺら

手ぬぐいタオルは他のタオルと比べてぺらぺらです。

全く嵩張りません。荷物の省スペース化したい人にはこれ以上ないくらいぴったりでしょう。

荷物の隙間にひょいと放り込んでおけます。私はいつもツーリングの荷物に絶対忍ばせますね。

また、ぺらぺらのためさっと洗いやすいです。洗ったら絞って干しておけば、一晩たてば乾いてます。

タオルだとこうはいかないんですよね。水吸うと重いし、絞っても全然水が切れないですし。

さっと洗って乾かしてしまえば清潔ですから、旅向きといえるでしょう

手ぬぐいタオルが使える理由③被りにくい

手ぬぐいタオルはいろんな柄があります。私はアヒル柄が一番お気に入りです。

そのため、その辺にさっと置いておいても、他の人と被りにくいため見つけやすいです。

銭湯で物置に置くと地味に助かります。銭湯で販売してるタオルだとこうはいかないんですよね。

地味だけど便利な手ぬぐいタオル

キャンプやツーリングのメインギアにはならないものの、あると便利。それが手ぬぐいタオルです。

手ぬぐいタオル、買うなら綿100%をおすすめします。乾きが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です