キャンプツーリングで化繊の寝袋を使うメリット

こんにちは、風呂巫女です。

以前こちらの記事でキャンプツーリングの寝袋にはそれなりのダウンの寝袋を買うべきだというお話をしました。

では、逆に化繊の寝袋にメリットがないかといえばそうでもありません。

今回は化繊の寝袋をキャンプツーリングで使う場合、どのようなメリットがあるのかについて、私なりに解説していきたいと思います。

キャンプツーリングで化繊の寝袋を使うメリット①連泊に強い

一般的に「化繊の寝袋はダウンの寝袋より水濡れに強い」と言われています。その言説は別に「寝袋びしょぬれにしても化繊なら問題ない!」という意味ではありません。

化繊であろうと、びしょぬれにすれば凍えます。というか、寝袋を外にくくりつけたりしない限り、キャンプツーリングで寝袋がびしょぬれになる状況はそうそうないでしょう。

では、寝袋が水気を含む可能性のある状況はどのような状況か……それは連泊です。

人は寝ている間にコップ一杯の汗をかくと言われています。連泊となると、寝ている間に寝袋は相当の汗を含むことは予想できるでしょう。

この寝汗が本当に厄介です。連泊でまだベースキャンプ方式なら良いんですが、その日ごとにキャンプ場所を変えるとなると困ったことになります。

私の体感では冬は2泊、夏は1泊で水気を含み、保温力が低下しはじめます。そのため、寝袋をどこかで干さないと使い物にならなくなります。

しかし、化繊の場合はそこまで連泊しても保温力が低下しません。全く寝袋を干すことなく一週間キャンプして回ったことがありますが、化繊の寝袋の時はそこまでの性能低下を実感しませんでした。これこそが化繊の寝袋の強みです。

正直「水濡れに強いから結露にも耐える」とかそういう強みは副産物でしかありません。結露なんて冬キャンプしない人には無縁ですしね

キャンプツーリングで化繊の寝袋を使うメリット②安くて選択肢豊富

ダウンの寝袋も選択肢がないわけではないです。ですが、どれもこれもお高い。

この寝袋とか5万しますよ。軽量ですし、限界使用温度も申し分ないですし、携帯性も良いとキャンプツーリング向きではありますが、値段が試しで買えるものではありません。

一応Amazonを探せば1万円以下のダウンの寝袋もないことはないのですが、生地が薄くて破れやすかったり、縫製が甘くて羽が出やすかったり、すんごい匂いのするシロモノだったりと、とてもではないですが使えたものではありません。

それに対して、化繊の寝袋は安くてもある程度使えるものが多いです。

私はこの寝袋を使っていた時期がありました。さすがに限界温度‐10度は盛りすぎで実際は10度の間違いだと思うのですが、圧迫感も少なく、触り心地も良くて良かったです。

もう少し安い化繊の夏用寝袋も使ってますが、これも化繊のわりにコンパクトになりますし、良かったです。先ほどの寝袋と組み合わせれば、冬の房総半島あたりのキャンプなら使えると思います。

ダウンが「一つのものを長く使いたい人」の選択肢だとしたら、化繊は「いろんなものを工夫して開拓したい人」の選択肢ともいえます。

実は「洗える」ことは大したメリットではない

化繊の寝袋の売り文句として「洗濯機で洗える」という言葉がありますが、騙されてはいけません。

そもそも寝袋はそんなに洗うものでもありません。基本50泊前後から洗うべきと言われていますが、月に2回キャンプツーリングしたとして、50泊するまでに何年かかるのでしょうか。

おまけに「洗濯機で洗える」だけであって、だれも「乾燥機で乾かせる」とまでは言ってません。化繊の寝袋の場合、繊維が熱で溶けるので乾燥機は厳禁なことが多いです。そのため、何日も日陰で平干しをする必要が出てきます。

対してダウンの寝袋は手洗いをする必要はありますが、乾燥機を使っても大丈夫なものが多いです。

要するに化繊の寝袋は「最初楽をして後で苦労する」スタイルで、ダウンの寝袋は「最初苦労して後で楽するスタイル」で洗うのです。結局寝袋の洗濯の面倒さは変わりません。

そもそも洗うものでもないし、洗うとしても面倒なことには変わりないと考えると、「洗濯機で洗えること」は大したメリットではないと私は考えます。

化繊の寝袋をキャンプツーリングで使うべき人はこんな人

以上のことを鑑みて、キャンプツーリングで化繊の寝袋を使うべき人は以下のような人であると考えます。

・キャンプ地からキャンプ地へと移動して連泊することが多い人

・いろんな装備を試して楽しみたい人

・安い装備でどこまでいけるのか縛りゲーをすることに至上の喜びを感じる人

特に三番目、沼です。超楽しいですよ、Amazonで買える格安装備での限界行軍。ゆるキャンでもなでしこ達野クルメンバーがよくやってるキャンプスタイルですね。

ぜひ寝袋選びの参考にしてくださいな。

関連記事

キャンプツーリングの寝袋は最初から良いダウンを買うべき

moonlenceのコットがなかなか使える子

キャンプツーリングでのマットとコットの使い分け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です