実用重視のキャンプツーリングにZATが使える説

こんにちは、風呂巫女です。

皆さんはキャンプツーリングの時、どんな感じで荷物をまとめて積載してますか?

ZAT
引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B00INMQEXO/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_cugVCbQ12P7PD
ZAT

私は主にホムセン箱とサイドバッグで積載し、現地を観光する時に使うものはZATというリュックサックに詰めて箱にくくりつけています。

実はこのZATというリュックサック、東北キャンプ一周をしていた時になんとなくワークマンで買ったものでした。

思いつきで買ったものの、「なかなかこれはいいぞ」ととても気に入ってしまい、長期連泊をする時によくお世話になっています。

今回はZATがキャンツーでなかなか使える理由を紹介していきます。

ZATが使える理由①完全防水

ZATはいわば「クッソ分厚いビニール袋」です。

通気性や透湿性は皆無ですが、荷物を水からばっちり守ってくれます。

ファスナーもないし、染み出す場所がそもそもないんですよね。

あるとしたら縫製からですが、ZATは無縫製バッグなので無敵です。

やったことないので保証しませんけれど、きっとバケツ代わりにカバンに水入れても染み出さないんじゃないですかね。

7泊8日の東北一周キャンプをしていた時、後半ほとんど雨に降られてましたけど中身は湿り気一つありませんでした。

ちなみに丸洗いも可です。汚いものもぽんぽん放り込めるね!

ZATが使える理由②真四角で大容量

ZATの容量は24Lとそこそこのデイパックより若干大きい容量となっています。。ポケットが一つもないため、この容量をフルに活用可能です。

ZAT

普通のリュックサックって丸みがかってて、どうしても容量通りの詰め込みができなかったりしますけれど、ZATは真四角なのでそんな心配は無用となります。

無造作にぽんぽん放り込んでもかなり入ります。キャンプツーリングで疲れた頭でも楽にパッキングがしやすいんです。

ZATが使える理由③とにかく安い

ZATは元が現場の兄ちゃんたちのカバンなのでクッソ安いです。

24Lも入って、完全防水なのにお値段2980円。 アマゾンだとさらに安く買えます。
普通にアウトドアや自転車用のブランド完全防水リュックだと6000円以上は見たほうがいいですが、ZATは3000円でダサさと引き換えに大容量と完全防水とお釣りが手に入ります。合わなかったとしても諦めがつく値段なので、試しに買うのもアリだと思います。

ただしクッソダサい

これだけいいところのあるZATですが難点が一つだけあります。

ZAT

クッッッッッソだせえええええええええええええ!

いかにもビニールですという質感や目立つ色設定はめちゃくちゃダサい。ブラックや新しく入った迷彩柄はまだマシだけどそれでもなんかダサい。

でかでかとした「ZAT」のロゴはただでさえ野暮ったいのに、だんだん色落ちしてさらにダサくなるという。

あと、肩紐が若干負担がかかります。キャンプ場に着いた後、長時間重いものを背負ってそこからツーリングする場合は気になるかも。不安だったらリアにくくりつけておいた方が良いかもしれない。

ただ、高機能で安いのは保証します。キャンプツーリングの他にも、通勤で防水バッグ探してる人はおすすめ。

ZATが気になる方はワークマンへどうぞ。多分だいたいどこの店でも置いてます。

関連記事

moonlenceのコットがなかなか使える子

キャンプツーリングで必要なものの一例

aliteのメイフライチェアは人をダメにする

野外鉄板はいいぞ

結局キャプテンスタッグのアルミロールテーブルに戻るよね(レビュー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です