キャンプツーリングテントの選び方

こんにちは、風呂巫女です。

某漫画に影響されてキャンプに行きたいと思った方、いませんか?

キャンプツーリングにおいて、テントは本当に重要です。多分寝袋の次くらいに慎重に選んだ方が良い。でないと死にます。熱中症とか低体温症とか強風で。

この記事では、初めてのキャンプツーリングでのテントの選び方のコツを解説していきます。

初めてのキャンプツーリングテントを選ぶコツ①四角いものを選ぼう

特に初めての場合ですが、テントを選ぶ時にネックになるのが「スムーズに設営できるか」ですよね。

特にペグうちが必要な場合ですが、複雑な形だとなかなか一発で決まりません。

キャンプツーリングテント選び方
引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B00HE5MLOM/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_BOUTCbDVZYHP6

たとえばこのテント。LOGOSのナボハテントです。ちょっと民族チックでかなり私好みのテントですが、このテントをキャンプツーリングで選ぶ人はあまりいないでしょうが、もし選ぶ人が万が一いたら「初心者にはおすすめしない」とだけ言っておきます。

このテント、底が六角形になっていて、慣れないうちはペグうちが非常にしづらいんですよね。

フロアシートに沿えばある程度簡単にはなるのですが、風が強い場所だと悠長にシート広げてる余裕もないです。

こういう時に、底が四角いものを選ぶと困りません。六角形をイメージするのは難しいですが、四角形は比較的イメージしやすいので、ペグの打ち直しをする回数が減ります。

初めてのキャンプツーリングテントを選ぶコツ②Amazonの星は過信しない

キャンプツーリングテント選び方

初めてのキャンプツーリングのテントをAmazonで買う人は多いと思います。かくいう私もテントを始めとしたキャンプ用品は基本Amazonで購入してます。

アウトドアギアのメーカーは国内外問わずに近頃は本当に活気づいてます。最近は中国メーカーもなかなかの品質のものを出すようになり、キャンプの敷居が非常に低くなってきました。

Amazonで買う時に一番に参考にするのは星の数やレビューだと思います。しかし、特に星の数についてはあまり過信はしないでください。

基本的にレビューを書く人の大半は1~数回使っただけの人が多いです。すごいものだと「まだ届いてませんが、期待を込めて星5です」なんてものもあります。これ、なぜこういうレビューがたくさんあると思います?

それは、商品によって「レビューを書くことによって○○という特典をつけます!」というキャンペーンを打っている例もあるからです。覚えているかぎり、過去4回ほど遭遇しました。その特典ねらいで、忘れないうちにとりあえずレビューを書くという人が現れます。この手法で低品質なレビューを集め、星とレビュー数を稼いでいるメーカーもいます。体感的に6000円以下の低価格帯の商品に多いですね。1万をこえてくるとだんだん減ってきます。

選ぶ時には、星の数だけでなく、レビュー内容をよく読んでください。数だけに惑わされると後悔します。

初めてのキャンプツーリングテントを選ぶコツ③キャンプスタイルを絞ろう

キャンプツーリングのテントの選び方の一番の肝と言っていいです。特に初めてなら、これだけははっきりさせたほうが良いです。

何でもこなせる万能テントは存在しません。

どんな名作と言われるテントでも、何かしらの欠点はあります。

キャンプツーリングテント選び方
引用:https://amzn.to/2UI6fxK

たとえば、キャンプツーリングユーザーからかなり評価の高い「コールマンツーリングテントST」です。私はもう一つ大きいサイズの「ツーリングテントLT」を持ってます。

このテントは定番だけあって非常に良いです。風にも強いし、ファスナー一つでメッシュインナーに換装できるので夏の暑さにも強い。

ペグを打たなくてもポールだけで自立するので、ペグが打てない緊急時の野営にも困りません。

正面からでなく後ろにも入口があるので、前室にめいっぱい荷物を置いても出入りに困りません。

大きな前室は跳ね上げればタープ代わりになり、ただでさえ広くてデカいテントがさらに広く使えます。

これが1万6000円ちょっとは安いです。

広い、厚さにも強い、風に強い、安いとなると、これほど初めてのキャンプツーリングテントにふさわしいテントはありません。

……すっごく重いんですよねこのテント。4キロちかくあるので、バイクに積むとかなり重心が変わります。いつもの感覚でヘアピンカーブに突っ込んだ日にはバイクがおねんねするでしょう。

あと、このテントはポール2本+前室と背面のポール各1本の計4本で構成されています。おかげで広い空間が確保されているのですが、普通のドームテントより若干設営が面倒くさいです。これを快適さの代償として安いと考えるかはキャンプスタイルによるでしょう。

私は基本的に移動手段としてキャンプを選択するタイプの人間なので、このプラスアルファが非常に手間に感じました。重さも相まって、「もうこれ建てずに、どこかで寝袋とシュラフカバーだけで野宿してもいいかな」と考えたほどでした。

つまり、あなたがキャンプで何をしたいのか、テントに何を求めるのかがキャンプツーリングのテント選びの成功のカギとなってきます。


A.キャンプがメイン! がっつりキャンプ場で楽しむぜ派

キャンプツーリングテント選び方

キャンプ場でがっつり飯作ったりのんびり椅子にでも座ってくつろいだりして楽しみたいぜ派の人が選ぶべきテントの条件は3つです。

 1.ドーム型であること

 2.前室が広いこと

 3.使用人数+1人以上用

おおよそ上記の3つの条件が当てはまるものであれば間違いはないです。

ドーム型とは、2つのポールを曲げてクロスさせてつくるテントのことです。このテントはデッドスペースが少なく、室内が広く使えます。

前室とは、テントの寝るスペースの他にある、入口の屋根のある空間のことです。タープ代わりになるので、特に夏と雨の日の恩恵が大きいです。

キャンプツーリングテント選び方
引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B07DH4W37W/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_h5TTCb5NYS3M6

前室の広さをつきつめていくと、スノーピークのアメニティドームがかなり強いです。しかし、ソロ~少人数となるバイクでのキャンプツーリングにおいてはここまで大きいものはオーバースペックでしょう。もっていけなくもないですが、かなりかさ張ります。

キャンプツーリングテント選び方
引用:https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1122627

前述した「コールマン ツーリングドームST」か「montbell クロノスキャビン2型」くらいの大きさがあれば十分でしょう。これ以上大きい屋根のスペースが欲しければ、素直にタープを張ったほうが良いです。

また、テントの使用可能人数は「あらゆる手を行使してパズルのように人を並べれば使用可能な人数」です。

キャンプツーリングテント選び方
引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B000AR1BJW/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_jbUTCb8PSB7AD

上記はmontbellのムーンライト5型という4~5人用テントです。右下のイラストを見るかぎり、成人が4人並んで寝ると、リュックサック1つ置けるか怪しそうなスペースしかありませんよね。

よって、余裕をもってくつろぎたいのであれば、最低限+1人サイズで考えるべきです。

B.キャンプは遠くに行くための手段だから寝られるなら良いよ派

キャンプツーリングテント選び方

キャンプ場でゆっくりと過ごすというより、とにかく遠くに行きたい派の人やキャンプをホテル代を浮かせる手段として考えている人、キャンプ場の外での観光を重視している人がこれに当てはまります。

この派閥の人がキャンプツーリングをする時に選ぶテントの基準は主に2つでしょう。

 1.とにかく設営・撤収が簡単であること

 2.ペグを打たなくても自立すること

1は一番重要です。長距離移動や観光で疲れた体でトンネルテントとか建ててられません。風がないなら、できればペグも打ちたくありません。

設営の簡単さでいえばワンタッチテントも候補に挙がるでしょう。個人的には仕舞寸法が大きくなってしまうため、パッキングに頭を使うので使っていません。しかし、設営が数秒で終わるのは魅力的です。

キャンプツーリングテント選び方
引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B00U7V4QM0/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_rhVTCb841EHA1

予算が許すのであれば、montbellのクロノスドームをお勧めします。これは本当に面倒くさがりの味方です。ポールを通して、クロノスソケットを持ち上げるだけでスッとテントが立ち上がります。これは本当に感動します。

キャンプツーリングテント選び方
引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B00C3KLEDC/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_SpVTCbSEMH5DG

安いテントでいくなら、BUNDOKのソロドームはなかなかいいです。小さめですが、雨もかなり耐えてくれます。春~秋ならこれで十分でしょう。

キャンプツーリングテント選び方
引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B00BKVHAQA/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_uvVTCbR1G6JDC

荷物を置くスペースくらいは欲しいなら、NorthEagleのミニドームも良いですね。実際に使っていましたが、荷物を何も考えずに放り込めるので楽でした。ただ、通気性に難があるので、真夏は避けたほうが良いです。

まとめ

初めてのキャンプツーリングでのテントの選び方の私なりのコツは以下の通りです。

①とにかく四角いフロア

②Amazonの星は「ふーん」程度に

③キャンプ重視か移動・観光重視か

③については、正直キャンプの回数をある程度重ねないと決めるのは難しいかなという気はしています。どうしても決まらなかったら「ドーム型で、靴をおくスペースくらいはありそうな前室スペースのある1万円以下の2人用テント」を買えば間違いないでしょう。

キャンプツーリングテント選び方

さあ、お前もテント沼にハマるんだよ

関連記事

キャンプツーリングでのペグの選び方

BUNDOKソロティピーテントは計画的キャンプツーリングに良い

クッカーの選び方適当講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です